Surfshark vs. ExpressVPN

非技術系ユーザーにとって、仮想プライベートネットワーク(VPN)を比較することは不可能に思えるかもしれません。特に、両者の間に明らかな大きな違いがない場合は、なおさらです。しかし、複雑そうに見えても、技術的なことのほとんどは裏側にあるのです。そして、実際に注意しなければならないのは、ほんの数個の要素だけです。

このSurfsharkExpressVPNの比較レビューでは、2大VPNの重要な違いを分析し、自信を持ってあなたに最適なVPNを選ぶことができるようにするつもりです。

Surfshark vs. ExpressVPN:一目でわかる

Surfshark
ExpressVPN
デバイス
無制限
5
サーバー国
100
94
プロトコル
OpenVPN, IKEv2, WireGuard
OpenVPN, IKEv2, L2TP/IPsec, Lightway
Cookieポップアップブロッカー
広告ブロッカー
独立監査
10Gbpsサーバー
*
該当なし
24時間365日サポート
価格
$2.49 /月
$8.32/月
Money-back guarantee
30日間
30日間

*特定の地域でのみ利用可能。

SurfsharkとExpressVPNはどちらも有名なプレミアムVPNサービスで、多くのトップVPNリストで紹介されています。両サービスは、圧制的/義務的なデータ保持法のない場所に拠点を置き、5/9/14 Eyes監視の対象ではありません。つまり、「究極のデジタルプライバシー 」のための責任あるノーロギングプラクティスを期待することができます。ExpressVPNについては、英領バージン諸島に本社があり、Surfsharkはオランダに本社があります。これらの場所のいずれかがVPNプロバイダーとして理想的であり、あなたのデータが完全に保護されていることを保証します。

注:Kape Technologiesは最近ExpressVPNを買収しました。この会社はプライバシーに関してあまり良い記録がなく、買収の完全な効果はまだ見ていません。

サーバーの場所

より多くのサーバーの場所は、あなたのインターネットトラフィックを偽装するためのより多くのオプションがあることを意味します。しかし、それはあなたがリモートで接続できるさまざまな国の数だけではありません…より多くのサーバーを提供することにより、Surfsharkは混雑しないサービスを提供し、より速いブラウジングスピードとよりシームレスなオンライン体験を意味します。

Surfshark: 100ヵ国に3200 台以上のサーバー

ExpressVPN: 94ヵ国に160台以上のサーバー

どんな場所がありますか?

ご想像のとおり、両プロバイダーが提供する場所には多くの重複があります。ヨーロッパ、北米、英国でサーバーをお探しなら、どちらのプロバイダーもご利用いただけます。 

しかし、。ExpressVPNはより多くの場所の選択肢を提供しています。ですから、より無名な目的地に接続したい場合は、当然の選択と言えます。しかし、制限された国のサーバーを提供することに関しては、Surfsharkが優勝します。ロシアアラブ首長国連邦は、Surfsharkでアクセス可能でExpressVPNではアクセスできないサーバーロケーションの顕著な例です。

サーバーはどのように混雑していますか? 

Surfsharkは米国の23都市600以上のサーバーを提供しています。ExpressVPNは米国の14都市で23以上のサーバーを提供しています。これは、サーバーが混雑している(つまり、多くの人がログオンしている)場合、ExpressVPNよりもSurfsharkの方が混雑していないサーバーに切り替える選択肢が多いことを意味します。

主なポイント:ExpressVPNは、ユーザーが接続できる国の数が多いです。しかし、Surfsharkは、より多くのサーバーを提供していますので、過密なサーバーで立ち往生する可能性は低くなっています。どちらのプロバイダーもサーバー国の一覧を提供しているので、特定の場所に接続したい場合は、利用可能かどうかを確認してから契約してください。

検閲と制限のある国

制限された国に接続したい、または制限された国にいる場合、SurfsharkのNoBorders機能があなたをバックアップしますサポートします! NoBordersは、ネットワーク上の制限(たとえば、グレートファイアウォールなど)に気付くと自動的にオンになり、それらを回避することができます。これにより、邪魔されることなく、安全にネットサーフィンをすることができます。

ExpressVPNは、制限された国のための特別な機能や余分な設定を提供していません。制限のある国への接続には通常より時間がかかる可能性があることをお知らせするだけです。

Surfshark
ExpressVPN
サーバー
3200+
160+
国 (合計)
100
94
アメリカ
17
13
ヨーロッパ
46
47
アジア太平洋
25
26
中東およびアフリカ
7
5

主なポイント:Surfsharkは、Express VPNとは異なり、制限された国のユーザーを支援するための特定の機能を提供しています。

サーバーの速度

サーバーの速度は、インターネット速度を決定し、Gbps(ギガビット/秒)またはMbps(メガビット/秒)で測定されます。これは簡単に言うと、データの転送速度がどれくらい速いか遅いかを示しています。

Netflixは以下のブラウジング速度を推奨しています。

画質
サーバーの速度
最低画質
0.5Mbps
通常画質(480p以下)
1.5Mbps
SD画質(480p以上)
3.0Mbps
HD画質(720p以上)
5.0Mbps
ウルトラHD画質(1080p以上)
25.0Mbps

Surfsharkは、1台のサーバーに最低1Gbpsのポートが接続されています。しかし、場所によっては最大10Gbpsのサーバーを提供しているところもあるようです!ExpressVPNは、「光速のスピード」以外にどの程度のサーバー速度が期待できるかは明記明言していません。しかし、便利なVPNスピードテストを提供しています(Surfsharkでも接続速度をテストすることができます)。

ExpressVPNとSurfsharkの最速プロトコル(これらはVPNの接続と動作を決定するもので、これから詳しく見ていきます)は、それぞれthe LightwayプロトコルWireGuardです。これらのプロトコルは両方とも非常に推奨されており、高速で信頼性が高いことで知られています。

我々は、英国、米国、スイス、オーストラリア、日本のサーバーで、両方のVPNプロバイダーのサーバー速度をテストしました。VPNを使用して速度をテストする前に、私たちのベースラインを確認しました。300Mbpsのアップロード/ダウンロード速度です。これで、どの程度の速度からスタートするかがわかり、各VPNが提供する速度がどの程度遅いかをより理解することができます。

最速のプロトコル
Surfshark (WireGuard)
ExpressVPN (Lightway)
ダウンロード平均
263 Mbps
198.6 Mbps
アップロード平均
170 Mbps
165.6 Mbps

また、SurfsharkとExpressVPNサーバーをOpenVPN UDPプロトコルでテストしました(ここでも、この意味についてまもなく説明します)。

OpenVPN UDP
Surfshark
ExpressVPN
ダウンロード平均
123.8 Mbps
186 Mbps
アップロード平均
140.3 Mbps
160.4 Mbps

最初のプロトコルテストでは、Surfshark一貫して速い速度を提供していることがわかりました。一方、ExpressVPNは場所によっては苦戦しているようでした。例えば、スイスのサーバーではダウンロード速度が43Mbpsであったのに対し、英国のサーバーでは261Mbpsを提供しています。

しかし、ExpressVPNは、OpenVPN UDPプロトコルで最高の平均速度を提供しました。しかし、Surfsharkは依然として高い最高速度を記録しており、その差は大きくありませんでした。

注:その他にも、インターネット接続に影響を与え、速度が低下する原因となるものがあります。これらのテストの結果は異なる場合があります。

主なポイント:Surfshark は、テストしたほぼすべての場所で一貫して高速な速度を提供しています。

VPNプロトコル

VPNプロトコルは、しばしば複雑で技術的に聞こえることがありますが、その必要はありません。

VPNプロトコルは、デバイスとVPNサーバー間の接続を行う方法を指示する命令のセットです。これらのルールは、アップロード/ダウンロードの速度やデタの安全性などを決定します。

また、VPNサーバーを比較する際に、独自のプロトコルに出くわすことがあります。これらのプロトコルは、VPNプロバイダーによって所有・管理されており、自社のサービス内で使用するために設計されています。独自のVPNは、より優れたセキュリティと安定性を提供し、接続速度を向上させることができるため、人気があります。また、VPNプロバイダーが一般的に使用されているプロトコルがもたらす課題を克服することに役立ちます。

Express VPNは、Lightway(ライトウェイ)と呼ばれる独自のプロトコルをホストしており、これが同社のサーバーにおけるデフォルトのVPN接続となっています。

Surfsharkは、独自のプロトコルを提供しておらず、代わりに、人気があり評判の高いWireGuardを使用しています。このプロトコルはLightwayよりもずっと新しく、2020年に稼動したばかりです。しかし、新参者であるにもかかわらず、WireGuardは最も正規的なプロトコルの多くに確実に追いついているのです。一貫して「ヘビーアップグレード」が行われているため、どちらが優れているかは一概に言えません。しかし、両方のプロトコルをテストしたところ、WireGuardはLightwayより高速であることがわかりました。 

SurfsharkとExpressVPNも以下の標準的なプロトコルを提供しており、選択することができます。

プロトコル
Surfsharkで提供されているもの
ExpressVPNで提供されているもの
OpenVPN (TCP/UDP)
IKEv2
L2TP/IPSec
WindowsおよびmacOS
その他
Lightway

主なポイント:SurfsharkとExpressVPNは、どちらもユーザーに最高品質のプロトコルを提供しています。各プロバイダーで最速なのは、それぞれWireGuardとLightwayです。どちらを選んでも素晴らしいのですが、Lightwayの方が歴史が長いです。

監査

以前は、VPNホストは、信頼性を確立する際に、その評判だけに頼ることができました。しかし、最近では、より多くの精査が必要になってきています。

独立したセキュリティ監査は、VPNプロバイダーの主張の裏付けとして不可欠です。監査は、プロバイダー全体について、簡単な概要から詳細な分析まで行うことができます。

監査会社の中には、より信頼できる会社もあるということは、言及しておく価値があるでしょう。そのため、VPN監査を比較する際には、信頼できる企業が監査を完了したことを確認したいものです。VPN監査で有名なのは、Cure53PricewaterhouseCoopersの2社です。

Surfsharkの監査

2018年、Cure53はSurfsharkのブラウザエクステンションを監査しました。彼らは、拡張機能が 「プライバシーでも、より一般的なセキュリティ領域でも、いかなる問題にもさらされていない」と結論付けました。今日までは良いんです。

2018年の監査では、2つの「重要度の低い」脆弱性が明らかになりました。これらはすぐに修正され、会社の透明性とコミットメントを浮き彫りにしました。

2021年、Cure53はSurfshark VPNインフラ全体のさらなる監査を実施しました。ここでも深刻な問題は明らかにされず、提起された懸念は迅速に是正されました。 

ExpressVPNの監査

ExpressVPNもセキュリティと信頼性に非常に真剣に取り組んでいます。それは、「定期的に独立したセキュリティ監査人や侵入テスト担当者を雇用している」と主張しています。重要な調査の詳細と結果は、ユーザーがダウンロードすることができます。

ただし、Surfsharkとは異なり、ExpressVPNではノートにアクセスするためにログインする必要があります。 

主なポイント:SurfsharkとExpressVPN は共に、サービスが最高品質であることを保証するために、信頼される独立したセキュリティ監査人を雇っています。しかし、その結果にアクセスするには ExpressVPNのアカウントにログインする必要があるのに対し、Surfsharkは興味のある人なら誰でも利用できるようにしています。

顧客に対するサポート

SurfsharkとExpressVPNは、顧客サポートに関しても同様のサービスを提供しています。電子メールまたはライブチャットでどちらのチームにも連絡することができます。

顧客サービス
Surfshark
ExpressVPN
ライブ チャット
チケットサポート
電子メールサポート
電話サポート
検索可能なナレッジベース
ビデオガイド
平均メール応答時間
2時間36分
52分

ExpressVPNの応答時間とライブチャット機能は、テストでは少し優れていることがわかりました。エージェントに接続するために長く待つ必要はありませんでした。また、電子メールのターンアラウンドは、Surfsharkと比較して半分以下の時間でした。質問をする前に、ォームに記入したり、個人情報を入力する必要がないのもよかったです。

とはいえ、Surfsharkのナレッジベースはより詳細で、ナビゲートしやすくなっています。また、Surfsharkのウェブサイト上のどのページからも情報を検索することができますが、Express VPNでは検索する前にサポートセンターに移動する必要があります。

主なポイント:どちらのVPNプロバイダーも、優れたサポートチームを提供しています。ExpressVPNは、わずかに速い応答時間を提供します。Surfsharkのナレッジベースはより充実しており、検索もしやすくなっています。

セキュリティと暗号化

Surfshark
ExpressVPN
VPNプロトコル
OpenVPN, IKEv2, WireGuard
OpenVPN, IKEv2, L2TP/IPSec, Lightway
OpenVPNデータ暗号化
AES-256
OpenVPN制御チャネル暗号化
RSA-4096
クローキング技術
NoBorders 難読化
暗号ブロック連鎖
アプリセキュリティ
Kill switch(全プラットフォーム)
Kill switch (デスクトップ、ルーター)
DNSの状態
プライベートDNS
プライベート DNS

主なポイント:SurfsharkとExpressVPNはどちらもハッキング不可能な暗号化を提供し、あなたのオンライン情報とアクティビティを安全に保ちます。このカテゴリでは勝者を選ぶことができませんでした!

暗号化

これらのプロバイダーのセキュリティ機能の多くが類似していることにお気づきでしょう。ほぼ同じプロトコルを提供し、どちらもAES-256暗号を使用していますこれは基本的にクラックすることは不可能です!

類似点にもかかわらず、ユーザーデータを保護するための4096ビットで、ExpressVPNのRSAキーはSurfsharkの2倍の長さです。しかし、それは必ずしも2倍安全であることを意味するものではありません! 

これは、RSA キーを解読するには、キーを作成した2つの素数(長さは1024、2048、または4096 ビット)を知る必要があり、既知の方法で計算できないからです。つまり、実際には、2048の鍵はRSA-4096と同じように安全なのです。

Kill Switch

長く複雑で徹底した暗号化に加え、SurfsharkとExpressVPNの両方は、kill switchによる追加の保護を提供しています。

kill switchは、VPN接続が予期せず切断された場合に、インターネットから切断するためのものです。つまり、あなたのユーザーデータは決して脆弱になることはなく、あなたのプライバシーは常に保護されているのです。Kill SwitchはSurfsharkで簡単に見つけることができます。ExpressVPNは、「ネットワークロック」 と呼んでおりデスクトップルーターのみ使用可能です

ステルスサーバー

SurfsharkとExpressVPNは、あなたをオンラインでさらに安全に保つために様々なクローキングテクノロジーを使用しています。これらは、意図された受信者以外の誰にもユーザーデータを読み取ることができないことを保証します。

ExpressVPNについては、これは暗号ブロックチェイニングと呼ばれる技術を使用して行われます。これは、データパケットを解読する唯一の方法は、その前のパケットにアクセスすることであることを意味します。つまり、あなたのトラフィックを最初からキャプチャしている人だけがそれを読むことができるのです…ほとんど不可能です!

Surfsharkは、インターネット活動を完全に隠すために、いくつかの方法を使用します。その方法の1つが難読化す。これは基本的にVPNを使用しているという事実を隠すもので、地域制限のあるストリーミングサービスのブロックを解除するのに適しています。圧制された国や検閲された国に住んでいる人も、難読化することで利益を得ることができます。

難読化サーバーの他に、SurfsharkのNoBordersサービスは、圧制的な検閲を回するために特別に設計されています。インターネットへの完全な、フィルタリングされていない、安全なアクセスを提供します。

これらのステルスサーバーのいずれかが、最高品質の暗号化とセキュリティを提供します。 

追加機能:ExpressVPNとSurfsharkの比較

VPNの主な機能は、ユーザーのデータとアイデンティティを保護することですが、優れたサービスを提供するVPNホストは、あなたの毎日のオンラインライフを向上させるための様々な追加機能を含んでいます。

主なポイント:Surfsharkは、あなたのVPNユーザー体験を向上させるためにたくさんの追加機能を提供しています。

CleanWeb

SurfsharkのCleanWeb機能は、アドブロッカーです。悪意のある広告、ポップアップ、トラッカー、または危険なWebサイトからのアクセスを防止します。

CleanWebはアンチウィルスではないことを強調しておきます。

スプリットトンネリング

SurfsharkもExpressVPNも、スプリットトンネリング機能を提供しています。Surfsharkのユーザーは、モバイルアプリで「Bypasser」を探す必要があります。

Smart DNS

また、スマートDNSは、SurfsharkとExpressVPNの両方で利用可能です。この機能により、通常はVPN接続に対応していない端末でも、ファイアウォールや検閲を回避することができます。例えば、PlayStationSmartTVなどです。

Surfsharkのユーザーの場合、アカウントダッシュボードからスマートDNSを有効にすることができます。ExpressVPNの場合もプロセスは同様ですが、「MediaStreamer 」を探すことになります。

ダブルVPN

この機能は、2つの異なるVPNサーバーを経由してトラフィックをルーティングすることで、セキュリティ層を追加するものです。  ExpressVPNは二重VPNを提供していませんので、Surfsharkは 「MultiHop」で優勝します。

GPS スプーフィング

VPNは、あなたがオンラインである間、あなたの場所を隠すが、自動的にGPSを上書きすることはありません。SurfsharkのAndroidアプリでGPSスプーフィングを使用すると、あなたは別の場所にいるようにGPS対応アプリをだますことができます。これは、Tinder、Pokemon Goなどのアプリに有効です。

ExpressVPNは、いくつかの限定的なGPSスプーフィング機能を提供しています。しかし、これらはモバイルアプリではなく、ExpressVPNブラウザ拡張機能でのみ利用可能です。

価格

結論に移る前に、最後にもう1つ重要な点があります… 価格です。

ExpressVPNは月次プランで12.95ドルから、6ヶ月プランで8,32ドルから利用可能です。最も安いオプションは12ヶ月プランで、1ヶ月あたり8,32ドル、さらに3ヶ月無料です。

SurfsharkはExpressVPNと同レベルからスタートします。月々12.95ドル、6ヶ月で月々3.99ドルです。Surfsharkが本当に印象的なのは、2年プランで、月々わずか$2.49で済むということです!

どちらも30日間の無料トライアルを提供しているので、リスクなしで始めることができます。また、より匿名性の高い取引を行いたい場合は、暗号通貨による支払いオプションも提供しています。

プラン
Surfshark
ExpressVPN
月次
12.95ドル/月
12.95ドル/月
12ヶ月間
3.99ドル/月
$2.49ドル/月
最安値プラン
$2.49/月 (2年プラン)
$8.32(12ヶ月プラン)

主なポイント:Surfsharkは、より高価なExpressVPNサービスを介して利用可能な機能の多く(それ以上ではない場合!)を提供し、安価なVPNサービスです。

Surfshark vs. ExpressVPN:スコア

カテゴリー
勝者
備考
サーバーの場所
Surfshark
100 vs 94.
サーバーの速度
Surfshark
これは接戦でしたが、Surfsharkは、我々のテストでより一貫して高速な速度を提供しました。
プロトコル
ExpressVPN
どちらのサービスプロバイダーも、信頼性の高いプロトコルを多数提供しています。しかし、Lightwayプロトコルは、より長い歴史を持つため、WireGuardよりもわずかに優れています(現時点では)。
監査
Surfshark
ExpressVPNの監査は、より徹底的であったかもしれないという指摘があります。しかし、Surfsharkの勝利は、アカウントを必要とせずにレポートにアクセスし、読むことができるという単純な理由によるものです。この透明性は評価されなければなりません。
カスタマーサポート
ExpressVPN
ExpressVPNは、お問い合わせへの応答が早く、ライブチャット機能も簡単でした。
ナレッジベース
Surfshark
Surfsharkは、ウェブサイトをナビゲートし、探しているヘルプページを見つけるのがはるかに簡単です。
セキュリティ
おあいこ
ExpressVPNはより長いRSAチェーンを持っていますが、セキュリティレベルは両方のサービスのために信じられないほど似ています。
追加機能
Surfshark
Surfsharkは、ExpressVPNで利用できない多くの機能を含む、より全面的な追加機能の選択を提供していることは明らかです。
価格
Surfshark
説明する必要があるのでしょうか?$2.49 /月(2年プランの場合)で、競合他社はありません!

Surfshark vs. ExpressVPN:最高のVPNはどちらですか?

SurfsharkExpressVPNはどちらも VPNサービスに最適なプロバイダーです。どちらのオプションでも、総合的な知識ガイド、ブログ、YouTubeのビデオ…基本的に、サーフィンを安全に始めるために必要なことは何でも提供されます。

どちらのプロバイダーも、あなたをオンラインで安全に保つための有益なツールや追加機能を幅広く提供しています。だから、どちらを選んでも、安心して利用できるのです。

しかし、ほとんどのカテゴリが接戦となったものの、Surfsharkに軍配を上げざるを得ません。

この比較では、次の理由でSurfsharkが勝利しています。

  1. ExpressVPNはより多くの国で利用可能ですが、Surfsharkはより多くの、より速いサーバーから選択することができます。
  2. 監査プロセスはSurfsharkの方がより透明でした。さらに、調査結果を見るためにアカウントにログインする必要はありません。
  3. 無制限の同時接続を楽しむことができるのは、家族やハイテクに強い家庭にとって素晴らしいことです。
  4. 同じIPアドレスを表示する必要があるが、オンラインの安全を維持したい場合は、Surfsharkで同じ安全なVPNサーバーに接続し続けることができます。
  5. CleanWebSmart DNSなどの追加機能を利用すれば、よりお得に利用することができます…

そして、お金といえば、その価格に異論はないでしょう!

今すぐオンラインを安全に

Surfsharkを入手する