言語を変更する
DeutschEnglishEspañolFrançaisItalianoNederlandsPolskiPortuguêsSuomiTürkçeРусскийУкраїнська한국어简体中文繁體中文日本語
キャンセル
読み込み中...
保護されています

WebRTCの漏洩は検出されませんでした

Surfsharkは、WebRTC漏洩からあなたを守ります。

WebRTC機能が無効または利用できません
ローカル
パブリックIPv4
漏洩はありません
漏洩の可能性
IP アドレス
タイプ
ステータス

VPNを利用していても、個人情報が漏洩する可能性があります。

WebRTCとは何ですか?

WebRTCは、Google HangoutsやDiscordなどのビデオチャットや音声アプリケーションをブラウザ上でより良く動作させ、より速く実行するために必要な技術です。

WebRTCとは、Web Real-Time Communicationの略です。 その名の通り、中間サーバーを介さずに(すでに接続が確立された後に)ブラウザ間でリアルタイムに通信を行うことができる技術です。WebRTCのメリットは以下の通りです:

  • それはビデオチャット、オーディオチャット、ライブストリーミング、さらに大容量ファイル共有のためのタイムラグを削減します。
  • それは個人・商用ともに無料で利用できます
  • 日々進化するテクノロジーを活用しています
  • 拡張機能やプラグインとは異なり、オープンソースのソフトウェアです
  • モバイルアプリケーションで利用可能です
  • グループ通話サービスやウェビナーにも最適です
  • 内蔵マイクの設定が可能なフラッシュと比較して、より良い音質を提供します

WebRTCはGoogleが開発した技術ですが、Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Opera、Google Chrome、Safariなど多くのブラウザがこの技術に対応しています。

WebRTCは、ビデオチャットやオーディオチャットを強化する機能で最もよく知られていますが、データ転送など他の用途にも有効なツールです。

WebRTC漏洩とはどういうことですか?

WebRTC漏洩とは、IPアドレスを可視化することであり、エンドユーザーにとって大きなセキュリティリスクとなる可能性があることです。WebRTC漏洩はWebRTC技術を使用するブラウザを介して、他の人とビデオまたはオーディオ通信を確立しようとしているときに起こります。その際、ブラウザからIPアドレスが漏れるので、漏洩と呼ばれています。

では、WebRTC漏洩は避けられないのでしょうか?

ブラウザでWebRTCがオンになっており、それを利用するWebサイトにいる限り、実際のIPアドレスが見えてしまうため、漏洩してしまいます。WebRTC漏洩を防ぐには、ブラウザでこれをオフにすることです(この方法については後で詳しく説明します)。

WebRTC漏洩は誰に脅威を与えますか?

WebRTC 漏洩は、VPN (virtual private network) を使用している人や、オンライン上の身元を匿名で保ちたい人にとって脅威となります。WebRTC技術によるサービスを利用する際にVPNを利用するのは、その目的を逸脱しているようなものです。問題はVPNよりもブラウザにあります-後で知ることになりますが、WebRTC漏洩に関しては、Safariはかなり安全です。

WebRTC漏洩を確認する6つのステップ(VPNをON/OFFにした場合)

ブラウザからIPアドレスが漏洩しているかどうかを調べるには、オンラインのWebRTC漏洩チェッカーを使ってください(このページの上部にもあります)。WebRTC漏洩チェッカーが漏洩あり、と示唆した場合、それが100%正しいかどうかを確認するための6つのステップをご紹介します。

  1. VPNとの接続を解除してください。
  2. 新しいウィンドウで新しいページを開き、ブラウザの検索バーに「What's my IP」と入力するだけで、自分のIPアドレスを調べることができます。
  3. 見かけた公共IPアドレスをすべて書き留めてください。
  4. ページを閉じてください。
  5. VPNに再接続し、ページを開き直してください。
  6. VPNに再接続すると、同じ公共IPアドレスが表示される場合は、漏洩していることになります。そうでなければ、お客様のIPアドレスは安全です。

WebRTC漏洩から身を守るにはどうしたらいいですか?

ブラウザの設定でWebRTCの機能の一部を無効にすることができます。以下では、Google Chrome、Safari、Firefoxでの方法を紹介します。



Google ChromeでWebRTCを無効にするにはどうしたらいいですか?

ChromeでWebRTCを無効にするには、手動で行うとブラウザの機能が損なわれる可能性があるため、拡張機能を使用するのが最善です。ここでは、使用できる拡張機能をいくつか紹介します:

  • WebRTC Network LimiterはGoogleの公式拡張機能でWebRTCの設定をいじって、完全にブロックすることなくIP漏洩を止めることができます。WebRTC Network Limiter はWebRTCを完全にブロックするものではないので、WebRTCを利用するサービスはブラウザ上で動作します。
  • uBlock OriginはWebRTCだけに特化しているわけではありませんが、ブラウザ上で無効にする機能があります。

SafariでWebRTCを無効にするにはどうしたらいいですか?

SafariはWebサイトがカメラとマイクにアクセスするのをデフォルトでブロックすることにより、他のブラウザよりもWebRTC漏洩に配慮しています。ただし、注意してブラウザから無効にすることもできます。

1. Safari>環境設定を開きます。メニューバーの「開発メニューを表示する」にチェックを入れます。

2. 上部のメニューバーにDevelopという新しいセクションが表示されます。


3. WebRTC を選択し、Disable ICE Candidate Restrictions. をクリックします。

これでWebRTC漏洩から守られます!

注記: サービスにWebRTCを使用しているウェブサイトには作動しません!

FirefoxでWebRTCを無効にするにはどうしたらいいですか?

以下の手順でブラウザの設定からWebRTCを無効にすることができます:

1.URLバーに次のように入力し、Enterをクリックします:about:configと入力します

2.「Accept the Risk and Continue」をクリックします。

3.「すべてを表示する」をクリックします。

4. このウィンドウに各種設定のリストが表示されます。変更しないほうがよいでしょう。

5.検索バーに次のように入力します:media.peerconnection.enabledと入力します

6. 右側のボタンをクリックします(下のスクリーンショットで印をつけました)。これで「false」と表示されるはずです。

これで完了です! これでFirefox で WebRTC を無効にすることができました。

注記: サービスにWebRTCを使用しているウェブサイトには作動しません!



個人情報の保護による安心

ブラウザは、豊富な情報を知らないうちに長期間保存する機能を持っています。ブラウザを復元したり、履歴やCookieを削除するだけでは問題は解決しません。そこで、Surfsharkの出番です。

当社の専任エンジニアは、WebRTC漏洩が発生する新たな道筋やシナリオを常に研究しています。脆弱性が発見されると効果的な修正方法を迅速に開発し、お客様のプライバシーを常に保護することをお約束します。

Surfshark VPNでオンラインの安全を確保しましょう

さらに30日間の返金保証を受けることができます

デジタル ライフで安全を確保する

本日81%割引

Surfshark VPN を入手する 

本サイトでは、cookiesを使用しています。詳しくは、こちらをご覧ください 個人情報保護方針

許可する