Surfshark を入手する

私共の夢は、人々が自分のデジタルライフを完全にコントロールできる世界です。

その理由は

私共は、すべての人がアクセスできるように、デジタルセキュリティをヒューマナイズします。

当社のストーリーの
概要

2018

  • surfshark.comの開発立ち上げの開始
  • Android、iOS、Windows macOS、Android TV及びFire TV向けアプリブラウザ拡張機能、を導入
  • 機能アップ:CleanWeb, Kill Switch, MultiHop, Whitelister (スプリットトンネリング)
  • Cure53による第1回独立監査

2019

  • Surfsharkの立ち上げAlertSearch
  • 第1回デジタルクオリティ・オブ・ライフ(DQL) 指標の発表
  • 無料アプリTrustDNSをリリース
  • AV-Tesからお墨付きを得る
  • Androidアプリに内蔵されたGPS Spoofingを導入

2020

  • 2ファクタ認証(2FA) を発表
  • VPN Trust Initiativeの創設メンバー
  • 電子フロンティア財団、インターネットソサエティ、アクセスナウに加入
  • DQLの第2版インデックスの発表
  • 100% RAMオンリーのサーバーネットワークへ移行
  • WireGuard®を導入

世界で認められたブランド

信頼は、私共とって最も重要です。私共は、サイバーセキュリティ分野で高品質で実用的なイノベーションを提供することで、信頼を追求しています。創業以来、Surfsharkは、世界的に認知されている数多くの独立機関に認められてきました。

AV-Test承認のVPNソリューション 2020/2019

CyberSecurity Breakthrough Awards2020で、モバイルVPNソリューションオブザイヤーを受賞

xHot Security Technology of the Year|セキュリティソフトウェア部門で金賞受賞

モノのインターネット(IoT)セキュリティ2020で金賞受賞

ホット・セキュリティ・カンパニー・オブ・ザ・イヤー2020 | セキュリティ・ソフトウェア部門で銀賞受賞

Cybersecurity Excellence Awards 2020のファイナリストに選ばれる

Cyber Security Awards 2019のファイナリストに選ばれる

vpnpro.comによるベストバリューVPN 2019

オープンインターネットをサポート

無料で、オープンで、安全なインターネットは、当社の目的の本質です。そのため、私共は、オンラインの自由、理性、透明性を守ることを提唱する非営利団体の活動を積極的に支援しています。

当社のアドバイザー

Surfsharkの諮問委員会のメンバーは、当社の活動に自信を与えてくれます。彼らは、プライバシー、イノベーション、成長の世界における有識者のリーダーです。メンバーは全員、個人的な立場でSurfsharkの活動に参加しています。

Dr. Amelia Estwick

エクセルシオール大学 ナショナル・サイバーセキュリティ・インスティテュート ディレクター

アメリア・エストウィックは、エクセルシオール・カレッジのナショナル・サイバーセキュリティ・インスティテュートのディレクターであり、同カレッジのサイバーセキュリティに関する研究、トレーニング、学術的な取り組みのオピニオンリーダーです。エストウィック博士は、米国国家安全保障局(NSA)に17年間勤務し、サイバー攻撃に対する国防総省(DoD)のネットワークの監視と安全確保を担当するNSAのサイバー脅威オペレーションセンターのテクニカルディレクターをはじめ、さまざまな技術的リーダーシップを発揮してきました。エストウィック博士は、サイバーセキュリティとコンピュータサイエンスの分野で、グローバルな脅威情報、オペレーションセキュリティ、国防を中心に研究を行っています。

教育者として、エストウィック博士は、サイバーセキュリティやSTEM(科学、技術、工学、数学)に関するテーマについて講演を行っています。彼女は次世代のサイバーセキュリティ専門家の教育に情熱を注いでおり、現在、サイバーセキュリティ教育の多様性イニシアチブにおける米国国立学術優秀センターの共同議長を務めています。

彼女は、米国物理科学コンソーシアムフェロー、米国陸軍湾岸戦争退役軍人であり、Cybersecurity Venturesの「Top 100 Women Know Cyber」にも選出されています。

アメリアは、STEMおよびサイバーセキュリティ分野における女性やマイノリティの専門家のパイプラインを増やすための、多様性、公平性、インクルージョンに関する取り組みに情熱を注いでいます。

詳しく読む 少なく表示
Byron V. Acohido

ピューリッツァー賞受賞のジャーナリスト、プライバシーとセキュリティに関するThe Last Watchdog (LW) の設立者兼エグゼクティブ・エディター

The Last Watchdogは、世界的に見てもトップレベルのサイバーセキュリティサイトです。

Acohidoのサイバーセキュリティとプライバシーへの関心は、2000年にUSATODAYに入社したときに生まれました。 形成期におけるサイバー犯罪の熱狂的な出現を記録することにより、彼はUSATに全国的に認められた一連の作業を提供しました。

彼はZero Day Threat: The Shocking Truth of How Banks And Credit Bureures Help Cyber Crooks Steal Your Money and Identityの主著者です。この本はノンフィクション・スリラーで、2009年NYSSCPA Excellence in Financial Journalism Award(一般書籍部門)を受賞しています。Acohidoの説得力のある記事、ポッドキャスト、ビデオは、複雑なプライバシーとセキュリティの問題を、知的な視聴者のために抽出したスマートな報道の金字塔です。

シアトル・タイムズでは、1997年にピューリッツァー賞(Beat Reporting)を受賞したほか、さまざまな深遠な調査記事で全米11の賞を受賞しました。

Acohidoは、インターネットを中心とした経済を本来あるべき安全なものにするために、意識の向上を図ることを目的としています。

詳しく読む 少なく表示
Emma Lindley

ウーマン・イン・アイデンティティの共同設立者

エマ・リンドリーは、アイデンティティーのアドバイザーであり、アイデンティティー業界の人材育成と多様性に焦点を当てた非営利団体「Women in Identity」の共同設立者でもあります。

また、エマはOmidyar社が出資する、デジタルID分野における倫理的・人道的原則を目指す運動「Good ID」の編集委員も務めています。

彼女は、Innovate Finance Powerlist for Women 2016および2017、KNOW Identityの2017年、2018年および2019年のアイデンティティのトップ100リーダー、100 Women in Tech Awards 2019で認められ、KNOW IdentityAwardsで今年のCEOに選ばれました。

マンチェスター・ビジネス・スクールでMBAを取得し、「アイデンティティ市場における競争戦略」という論文を完成させました。

詳しく読む 少なく表示
Sebastian Bihari

Vektor Partnersのマネージングパートナー兼共同設立者

Vektor Partnersは、モビリティ分野を破壊する企業に投資するベンチャーキャピタル会社です。

Vektor Partnersを共同設立する前は、世界的な銀行であるBNP Paribasの自動車技術・モビリティサービス投資銀行部門の責任者を務めていました。ここでは、彼は自動車メーカー、部品サプライヤー、新興企業の取締役会や経営陣と緊密に連携し、買収・売却、資金調達、合併、株式公開などの戦略的課題を策定し、実行しました。

それ以前は、米国の投資銀行であるMoelisとGreenhillに勤務し、M&Aを専門としていました。セバスチャンはインスブルック大学で国際経済学と経営学の修士号を、ニューヨークのコロンビアビジネススクールでMBAを取得しています。

詳しく読む 少なく表示
Gediminas Peksys

Oxipitの共同設立者兼CEO

健康部門で2020年の世界サミット賞を受賞したOxipitは、放射線科医がディープラーニングテクノロジーを使用して生産性を高めるのを支援する新興企業です。

ゲディミナスは、ケンブリッジ大学で数学を専攻した後、過去10年間、データサイエンスとソフトウェアエンジニアリングの共通部で仕事をしてきました。

ゲディミナスが率いるOxipitは、2017年に開催された最大のComputer Visionコンペティションで優勝しました。また、彼はリトアニアでの人工知能(AI)コミュニティの構築を支援し、多数の交流会や専門家によるディスカッションを開催しました。ゲディミナスは、リトアニアのAI協会の創設メンバーの一人です。

詳しく読む 少なく表示
Susan Morrow

データオーケストレーションのスペシャリストAvoco Secureの研究開発責任者

スーザンは、サイバーセキュリティとデジタルアイデンティティの分野で20年以上の実務経験があります。技術部門に移る前は、分析化学者として環境や医薬品の分析に従事していました。

スーザンの主な専門分野は、消費者のデジタル取引におけるユーザビリティー、アクセシビリティー、データプライバシーです。

彼女のモットーは、人間がテクノロジーを制御することを確実にすることであり、その逆ではありません。 彼女はCSOOnlineなどの出版物で、アイデンティティとセキュリティについて定期的に執筆しています。

詳しく読む 少なく表示

当社のチーム

サイバーセキュリティ分野の現状に挑戦することで、今後数年間、人々のデジタルライフを守ることができるソリューションを生み出すために、私共は立ち上がり、日々努力しています。これは、Surfsharkの支配権を握る人なしには実現できません。

Vytautas Kaziukonis (Par Kaz)

最高経営責任者

LinkedIn
Donatas Budvytis

最高技術責任者

LinkedIn
Regimantas Urbanas

最高マーケティング責任者

LinkedIn
Goda Pakalnė

人事部長

LinkedIn
Saulius Maslinskas

開発責任者

LinkedIn
Tomas Kazlauskas

製品責任者

LinkedIn

私たちと一緒に働きましょう

驚異的なスピードで成長する製品の一部になりましょう

募集している職種
Dr. Amelia Estwick

エクセルシオール大学 ナショナル・サイバーセキュリティ・インスティテュート ディレクター

アメリア・エストウィックは、エクセルシオール・カレッジのナショナル・サイバーセキュリティ・インスティテュートのディレクターであり、同カレッジのサイバーセキュリティに関する研究、トレーニング、学術的な取り組みのオピニオンリーダーです。エストウィック博士は、米国国家安全保障局(NSA)に17年間勤務し、サイバー攻撃に対する国防総省(DoD)のネットワークの監視と安全確保を担当するNSAのサイバー脅威オペレーションセンターのテクニカルディレクターをはじめ、さまざまな技術的リーダーシップを発揮してきました。エストウィック博士は、サイバーセキュリティとコンピュータサイエンスの分野で、グローバルな脅威情報、オペレーションセキュリティ、国防を中心に研究を行っています。

教育者として、エストウィック博士は、サイバーセキュリティやSTEM(科学、技術、工学、数学)に関するテーマについて講演を行っています。彼女は次世代のサイバーセキュリティ専門家の教育に情熱を注いでおり、現在、サイバーセキュリティ教育の多様性イニシアチブにおける米国国立学術優秀センターの共同議長を務めています。

彼女は、米国物理科学コンソーシアムフェロー、米国陸軍湾岸戦争退役軍人であり、Cybersecurity Venturesの「Top 100 Women Know Cyber」にも選出されています。

アメリアは、STEMおよびサイバーセキュリティ分野における女性やマイノリティの専門家のパイプラインを増やすための、多様性、公平性、インクルージョンに関する取り組みに情熱を注いでいます。

Byron V. Acohido

ピューリッツァー賞受賞のジャーナリスト、プライバシーとセキュリティに関するThe Last Watchdog (LW) の設立者兼エグゼクティブ・エディター

The Last Watchdogは、世界的に見てもトップレベルのサイバーセキュリティサイトです。

Acohidoのサイバーセキュリティとプライバシーへの関心は、2000年にUSATODAYに入社したときに生まれました。 形成期におけるサイバー犯罪の熱狂的な出現を記録することにより、彼はUSATに全国的に認められた一連の作業を提供しました。

彼はZero Day Threat: The Shocking Truth of How Banks And Credit Bureures Help Cyber Crooks Steal Your Money and Identityの主著者です。この本はノンフィクション・スリラーで、2009年NYSSCPA Excellence in Financial Journalism Award(一般書籍部門)を受賞しています。Acohidoの説得力のある記事、ポッドキャスト、ビデオは、複雑なプライバシーとセキュリティの問題を、知的な視聴者のために抽出したスマートな報道の金字塔です。

シアトル・タイムズでは、1997年にピューリッツァー賞(Beat Reporting)を受賞したほか、さまざまな深遠な調査記事で全米11の賞を受賞しました。

Acohidoは、インターネットを中心とした経済を本来あるべき安全なものにするために、意識の向上を図ることを目的としています。

Emma Lindley

ウーマン・イン・アイデンティティの共同設立者

エマ・リンドリーは、アイデンティティーのアドバイザーであり、アイデンティティー業界の人材育成と多様性に焦点を当てた非営利団体「Women in Identity」の共同設立者でもあります。

また、エマはOmidyar社が出資する、デジタルID分野における倫理的・人道的原則を目指す運動「Good ID」の編集委員も務めています。

彼女は、Innovate Finance Powerlist for Women 2016および2017、KNOW Identityの2017年、2018年および2019年のアイデンティティのトップ100リーダー、100 Women in Tech Awards 2019で認められ、KNOW IdentityAwardsで今年のCEOに選ばれました。

マンチェスター・ビジネス・スクールでMBAを取得し、「アイデンティティ市場における競争戦略」という論文を完成させました。

Sebastian Bihari

Vektor Partnersのマネージングパートナー兼共同設立者

Vektor Partnersは、モビリティ分野を破壊する企業に投資するベンチャーキャピタル会社です。

Vektor Partnersを共同設立する前は、世界的な銀行であるBNP Paribasの自動車技術・モビリティサービス投資銀行部門の責任者を務めていました。ここでは、彼は自動車メーカー、部品サプライヤー、新興企業の取締役会や経営陣と緊密に連携し、買収・売却、資金調達、合併、株式公開などの戦略的課題を策定し、実行しました。

それ以前は、米国の投資銀行であるMoelisとGreenhillに勤務し、M&Aを専門としていました。セバスチャンはインスブルック大学で国際経済学と経営学の修士号を、ニューヨークのコロンビアビジネススクールでMBAを取得しています。

Gediminas Peksys

Oxipitの共同設立者兼CEO

健康部門で2020年の世界サミット賞を受賞したOxipitは、放射線科医がディープラーニングテクノロジーを使用して生産性を高めるのを支援する新興企業です。

ゲディミナスは、ケンブリッジ大学で数学を専攻した後、過去10年間、データサイエンスとソフトウェアエンジニアリングの共通部で仕事をしてきました。

ゲディミナスが率いるOxipitは、2017年に開催された最大のComputer Visionコンペティションで優勝しました。また、彼はリトアニアでの人工知能(AI)コミュニティの構築を支援し、多数の交流会や専門家によるディスカッションを開催しました。ゲディミナスは、リトアニアのAI協会の創設メンバーの一人です。

Susan Morrow

データオーケストレーションのスペシャリストAvoco Secureの研究開発責任者

スーザンは、サイバーセキュリティとデジタルアイデンティティの分野で20年以上の実務経験があります。技術部門に移る前は、分析化学者として環境や医薬品の分析に従事していました。

スーザンの主な専門分野は、消費者のデジタル取引におけるユーザビリティー、アクセシビリティー、データプライバシーです。

彼女のモットーは、人間がテクノロジーを制御することを確実にすることであり、その逆ではありません。 彼女はCSOOnlineなどの出版物で、アイデンティティとセキュリティについて定期的に執筆しています。